おうちでハーブ!

出番の多いハーブは

お花や香りを楽しんだり、

ハーブティーやお料理に使えるので

常時キープしたいですよね!

 

 

なので、ハーブを育てている方は

多いのではないでしょうか。

でも、集合住宅のバルコニーなど、

スペースが限られていると、

種類が少なくなりがち。

いっそ、数種類を寄せ植えにして、

出番に備えてはいかがですか?

 

 

 

ハーブの相性を知ろう!

ひと口にハーブといっても

日なたを好むものあり、

日陰を好むものありと、

生育環境はさまざま。

合わない者同士を植えてしまうと、

枯れてしまうことがあります。

 

性質がわからないときは、お店の人に

聞きましょう

 

 

 

ハーブティーとして

レモンバーム

レモンバーベナ

ワイルドストロベリー

ステビア

・イングリッシュラベンダー
ローマンカモミール

・ボリジ

・レモンタイム

 

などをはじめとした

タイム類、エキセナア、ミントなど。


 

キッチンハーブとして
・コモンセージ

オレガノ

・スウィートバジル・フェンネル

・チャイブ

・パセリ

イタリアンパセリ
ナスタチウム

 

タイム類、サラダバーネット、チコリ、ローズマリーなど。


 

香りを楽しむ
・ラベンダー

ローズマリー

・クラリセージ

・センテッド

ゼラニウムなど。

 

 

 

ミントは別格

地下茎でどんどん増えるミントは、

一緒に植えたハーブを

侵食してしまうため、

独立させて植えるのが得策。

 

別の鉢に植え、

寄せ植えの隣に置いて、

虫除けにする例も。

 

 

 

場外にスペアミント
なぜ、ミントは

別の鉢にするかというと・・
根っこが強いため、

他の植物と一緒に植えられないのです。

でも、ミントの葉は

虫よけになるので寄せ植えの隣に

ひっそりと身を寄せる感じがオススメです。

 

 

 

花が咲いたら?

ハーブは、美しい花も見どころです。

けれども、開花を放置したままにしておくと、

植物の一生の例にならい、

結実して枯れてしまいます。

種を取るならそれもいいのですが、

花が咲いたら

みずみずしいうちにカットして、

飾ったり、お料理に使いましょう。

蕾のうちにカットしておくと、

キッチンハーブとしての

寿命が少し長くなります。

 

 

 

お料理だけでなく…

清涼感あふれる

レモングラスとミントのハーブティー

 

ティーバッグではなく、

摘みたてのフレッシュハーブで頂くお茶は格別

 

 

 

ミントは飲み物のアクセントに

レモネードにミントを

ちぎって香りを楽しむ。

 

夏のひと休みに。

 

 

 

ハーブオイル

元気に育っている間に、

ハーブビネガーやハーブオイルを

作り置きしておくと、

長く活躍してくれます。

 

 

 

ハーブ作りを取り入れて

夏を爽やかに過ごしたいですね!

 

おうちでオリーブの木を

おしゃれなカフェや

サロンのエクステリアや窓辺、

室内などで

オリーブの木って

よく見かけませんか?

葉っぱの様子や樹形が美しく、

絵になりますね。

 

可愛い花を咲かせたり、

実をならせたり、

楽しみも多いのも魅力です。

そんなオリーブの木を、

ぜひおうちに迎えてみませんか?

 

 

 

初夏には白くかわいい花も

初夏(5月~6月)頃には、

白い小さな花を咲かせてくれます。

 

無数の花が咲いたオリーブの木の下には、

白いお花の絨毯が広がりますよ!

ちなみに、花言葉

「平和」「知恵」などです。

 

 

 

オリーブの実も収穫できる!

9月から11月頃にかけて実がなります。

オリーブの木は自家受粉しませんので、

実の収穫を楽しみたいなら、

違う品種と併せて植えるといいですよ。

 

実を付けるようになるまでは

3年以上かかるので、

購入する際は大きめの苗を選ぶと、

早く収穫を楽しめるとか。

 

 

 

品種がとても多い

オリーブの木は、

モクセイ科オリーブ属。

500種以上も品種があるといわれます。

 

葉の美しさから

インテリアとして人気のある品種や、

 

実の収穫が早い早生品種、

収穫が遅い晩生品種など

さまざまな特徴があります。

 

 

 

鉢植え or 地植え?

オリーブの木は、

鉢植えでも地植えでも

育てることができます。

 

鉢植えにすれば、

バルコニーやお部屋で

楽しむこともでき、

とても身近な存在に。

 

生活のスタイルに合わせて

取り入れられるのもメリットです。

 

定番の素焼きの植木鉢も似合いますが、

シンプルでモダンな

石のような質感の鉢もおすすめ。

 

 

 

地植えして大きく育てる

シンボルツリーとしても

人気のオリーブの木

 

樹高5~10mくらいに育ちますので、

植えるスペースには注意が必要。

 

また、過湿に弱いため、

水はけに気を付けましょう。

 

ちなみに、寒さに弱いので、

寒冷地では室内で育てるのがおすすめ。

 

 

 

水やりは?

鉢植えの水やりは、

土が乾いたら鉢の底から

水があふれる程度にしっかりと。

 

水のやりすぎは、

根腐れの原因になりますので要注意。

鉢にたまった水もこまめに捨てましょう。

 

また、地植えの場合は、

自然の雨で十分。

 

夏のみ、直射日光の時間をさけて

夕方に水やりを。

 

 

 

日当たりは良いほうがいい?

オリーブの鉢植えは、

室内に置く場合も

ぜひ日当たりのいい場所に。

 

暗い場所では丈夫に

育たないのでご注意を。

 

なお、鉢植えを

日当たりのいいバルコニーに置く場合も、

 

寒さに弱いので、

冬には室内の明るい所に取り込みましょう。

 

 

 

ベランダにオリーブ

素敵ですね!

 

自宅で水耕栽培

水耕栽培は、

土を使わずに無機物の培地、

つまり水で栽培する方法です。

 

野菜づくりは土や肥料、

水やりと大変な印象がありますが、

 

水耕栽培は比較的気軽に

挑戦できる栽培方法。

 

土の栄養低下や

病原菌などの心配もなく、

虫もつきにくいので

室内でも楽しめますよ。

 

基本的なやり方や

おすすめの植物をチェックしましょう。

f:id:hometimefun:20210711185035j:plain

 

 

 

水耕栽培の仕組み

水耕栽培は、基本的な仕組みは

土耕栽培と同じです。

 

その名の通り、

土と水のどちらを

培地とするかが大きな違い。

 

水耕栽培の場合は

水と肥料をかけあわせた培養液に

植物の根の部分をつけることが

基本的なやり方で、

そこから生長に

必要な養分を吸収します。

 

 

土を使わないため

土づくりの手間がなくなり、

同じ土壌を使用して

繰り返し作付けすると

栄養不足で育たなくなる

連作障害などの心配が減ります。

 

そのため、農業生産者にも

特に葉物野菜の栽培などで

採用されている方法です。

 

さらに生長が早く、

効率的に収穫できる点も

メリットと言えます。

 

 

 

気候に左右されず安定した収穫ができる

主に室内やビニールハウスのような

閉鎖された環境で育てるため、

虫がつきにくく気候による

収穫の左右もありません。

 

ベランダなどで行う場合は、

洗濯ネットなどを利用して

ビニールハウスのように

育てるやり方もあります。

 

 

 

根菜系は栽培が難しい

水耕栽培は根から

水中に含まれる養分を吸収し

葉を伸ばします。

 

根は水中に接触していると、

根が大きくなって

食べる部分ができる

根菜類はなかなか生長できないため、

 

水耕栽培には

あまり向いていません。

 

不可能ではないので、

 

上級者はぜひトライしてみてください!

 

 

 

室内で栽培するため日光が不足する

室内で気軽に取り組めることが

メリットの水耕栽培ですが、

室内ゆえに生長に必要な日光が

得られないデメリットがあります。

 

同じ室内でも窓際に

置くかどうかで

生育に差が生じる場合も。

 

この点を解決するため、

植物栽培用のLEDライトを

使用するのがおすすめですよ。

 

 

 

土の代わりとなる「水」について

水の量は水耕栽培の大切なポイント。

水量は育てる植物によって変わります。

 

一般的に、種や苗から育てるものは

水量が多く必要で、

切った作物などから

再び発芽させるリボベジでは

水量が少なめとされていますよ。

 

水位は、根の先端がつく程度。

根の全体が水についていたり、

茎まで水に浸かるのはよくありませんよ。

 

水温は22度前後が適温とされます。

特に真冬は真夏は温度管理が難しいです。

空調やオートヒーターなどを

効果的に取り入れましょう。

 

 

 

おうち時間を上手く活用し

自宅で水耕栽培に挑戦してみましょう!

 

エコバッグを衛生的に使おう

昨日に引き続き、

エコバッグを衛生的に使うポイントを

お話したいと思います。

 

 

バッグの中に落ちた野菜くず

キャベツや白菜、大根など、

ビニール袋で包装されていない

野菜・果物を買うことって

度々ありますよね。

 

備え付けのポリ袋で

包めればよいのですが、

袋に入らず、直接入れることも。

そんな時に、

どうしても野菜くずや土などが

バッグの中に落ちてしまうことが

あると思いますが、要注意です。

食品くずはカビの「栄養」になるもの。

中身を全部出したら、

バッグの中に落ちているものは

しっかり確認し、

全部、すっきり捨てることが大切です。

 

 

 

中が湿ったまま放置しない

「エコバッグ」の中に、

直接的に濡れる物を入れていなくても、

冷たい食品の結露などで、

バッグの中の「水分」量が増えてしまいます。

できるだけ濡らさないように

気を付けることも大切ですが、

もし、濡れてしまったら、

乾いた布で拭いて

よく乾かしておきましょう。

もちろん、濡れた場合は

洗濯機ですぐ洗ってしまう、

というのもおすすめです。

 

場合によっては

汚れが無いように

ゴシゴシ拭くよりも、

洗濯するほうが簡単に

リセットできるかもしれませんね。

 

 

 

アルコールで拭く

お買い物したものを

全部出して空になったら、

バッグをしまう前に、

除菌用アルコールで

湿らしたタオルや、

アルコールシートなどで

拭くことを習慣づけると安心です。

 

直接バッグに噴射するよりも、

消毒液で拭く方法が有効です。

 

このひと手間で、

付着している菌の数を

減らすことができます。

 

新型コロナウイルス

ボール紙で1日程度、

プラスチックで3日程度、

生存するといわれていますので、

購入したもののパッケージにも

付着しているかもしれないことを考慮し、

エコバッグは外側や持ち手だけではなく、

中側もしっかり除菌するように

心がけましょう。

 

 

 

天気が良ければ天日干しを

天気が良ければ、天日干しを。

 

太陽の紫外線には

殺菌効果があることで

知られています。

 

紫外線の強い

10時~14時くらいに

天日干しできると、

より効果的です。

 

風を通し、しっかりと

お日様の光があたる場所に

干すようにしてみましょう。

エコバッグを折り畳むのは、

アルコールで拭いた後ではなく、

外であれお家の中であれ、

 

一度ちゃんと

「干してから」折り畳むことを、

使用ルールに出来るといいですね。

 

 

環境に優しい「エコバッグ」ですが、

食品を入れて運ぶことを考えると

やっぱり衛生的であることが一番大切!

 

「エコバッグ」を選ぶときには、

洗濯やアルコール除菌などが

しやすい素材を選んでおくと、

安心ですよね。

 

そのエコバッグ、大丈夫?

お買い物のときには欠かせない

「エコバッグ」。

色や柄も豊富で、

選ぶのも楽しいものですよね。

でもそのエコバッグ、

定期的に洗えていますか?

 

せっかく吟味して選んだ

「エコバッグ」なのに、

実際のところ、

あまりお手入れせずに

使っている人が案外多いです。

 

実は、定期的に「エコバッグ」を

清潔に保つお手入れをしないと、

雑菌が繁殖し、

せっかく買ったお買い物の

商品が汚れてしまうということも…。


実際、アメリカでは

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、

不衛生になるという理由で、

エコバッグ禁止となった州も出ています。

 

社会ルールが変わるまで、

「エコバッグ」の衛生問題は

重要視されているということなんですね。

 

日本の農林水産省も公式に、

エコバッグを清潔に

使うように注意喚起を出しています。

 

そこで、今日は

「エコバッグ」を安心して

毎日使い続けるため、

衛生的に保つ方法を紹介しますね。


 

 

エコバッグはカビが生えやすい!?

食品を入れて運ぶ

「エコバッグ」。

汚いとダメだよね・・・

 

ということはなんとなく

皆さんお分かりかと思いますが、

大きなリスクとして

知っていただきたいのが、

エコバッグの中が不衛生になると

「カビが生えやすい」ということ。

 

カビが発生する要因として

考えられるのは主に4つ。

 

・水分

・栄養

・温度

酵素(空気)

 

という4つの条件が揃うと

カビが生えやすくなると言われています。

「温度」と「酵素(空気)」を

コントロールするのは難しいので、

エコバッグを管理する上では、

「水分」(冷たい食品の結露の付着等)と

「栄養」(食品からの液漏れ、食品くずなどの付着等)

に気を付けることが、大切です。


エコバッグの中で

「カビが生えやすい好条件」を

回避するためにも、

これからご紹介する方法を

確認していきましょう。

 

 

 

ポリ袋などでガード

「ドリップ(液汁)が出そうな食品」は

ポリ袋などでガードしょましょう。

 

「エコバッグ」への

水分の付着を防ぐために、

ドリップが出そうな食品は

スーパーであらかじめ、

ポリ袋にきちんと入れましょう。

 

 

冷たいもの・温かいものの密着を防ぐ

冷たいものと温かいものを密着させると、

結露が発生して、

バッグを濡らしてしまいます。

 

「エコバッグ」に入れる順番を考えて、

冷蔵商品同士は

集めるようにするのがおすすめ。

ひとつのバッグに入れるときは、

冷たいものの上に、

常温のものをのせてから、

温かいものを入れるなど

工夫してみましょう。

 

 

環境問題を考えて

エコバッグの生活をしても

不衛生になってしまっては

本末転倒ですね。

 

 

 

迫るプラスチック問題

意識していますか?

目前に迫るプラスチック問題

 

現代の暮らしに欠かせない

プラスチック製品。

 

私たちが気軽に

便利さを得ている一方で、

 

捨てられたプラスチックゴミにより

地球環境は悲鳴を上げています。

 

少しだけ立ち止まって、

本当に必要なもの、

できることを考えてみましょう。

 

 

 

魚より海のゴミが多くなる!?

適切に処分されずに

川や海に流れ着くプラスチックは、

分解されることなく

ゴミとして溜まり続けます。

 

ある調査によると、

2050年には海中のゴミの総量が

海の魚の重量を上回るという予測も。

 

 

 

生態系や健康にも大きな影響が!

魚が飲み込んだプラスチックは、

食物連鎖によって

人間の体にも取り込まれていきます。

 

驚くことに、食事を通じて

1週間に平均5gのプラスチックが

私たちの体内に

入ってきているという

データもあるそうです。

このままでは、

魚や鳥たちをはじめ

人間の健康にも

重大な影響を及ぼすことに。

 

未来のために、

課題の解決が急がれています。

 

 

 

今できることから、始めよう

小さなことでも、

コツコツ取り組めば

意義ある一歩となるはずです。

 

これから、すぐにでもできる

プラスチックフリーのヒントを

ご紹介します。

 

まずは日常の意識を変えていきましょう。

 

 

 

余分なレジ袋はもらわない

有料化されたとは言え

コンビニのレジ袋や

ビニール製のショップバッグなど、

当たり前のように買っていませんか?

 

本当に必要な時以外、

できるだけ余分には

買わないように心がけましょう。

 

お気に入りのエコバックを

1つ見つけてみてください。

 

愛着が持てるバックを手に、

買い物へ。

 

「袋は入りません!」と

堂々と言える毎日が続けば、

ゴミも減り気持ちもスッキリしてくるはず。

 

 

 

プラスチック容器は洗って捨てる

汚れたプラスチックは

リサイクルされません。

 

再利用されないまま

莫大な量のゴミとなり、

行き場を失います。

プラマークが付いた

ボトル類や食品トレイなど、

貴重な資源を

リサイクルさせるためには、

ある程度きれいに

すすいでから適切に捨てましょう。

 

 

 

マイボトルを持ち歩く

ペットボトルや

容器の使い捨てを

減らせるように、

マイボトルを利用しましょう。

 

自分で飲み物を準備すれば、

素材に気を配ることができて

健康にもいいですね。

 

 

 

「安くてお得」より、長く使えるモノ選びを

プラスチック製品は

安価で気軽に使えるのが魅力です。

 

長所はたくさんありますが、

ただ、気楽に買えるだけに

捨てることに対しての躊躇が

薄れてしまうのが残念な点。

 

時には、安さ重視より、

長く使える質を念頭にモノを選びましょう。

 

 

 

 

茶殻の活用方法

少し前に

コーヒーかすの活用法を

お伝えしましたが、

今日は緑茶からでる「茶殻」の

活用方法をお伝えしたいと思います!

 

 

いいお茶は、

茶殻を捨ててしまうのが

もったいないですね。

 

茶殻にもカテキンなど

栄養がたっぷり残っていますので、

どんどん利用しましょう!

f:id:hometimefun:20210711163806j:plain

 

 

 

れんこんきんぴら

 

エコ料理のバリーションも

幅広い茶殻!

 

茶殻をまぶした

れんこんきんぴらは

いかがでしょうか。

 

ちょっとした

苦味も大人向けで、

おつまみにもなります。

 

 

 

茶殻の佃煮、ふりかけ

茶殻とじゃこを佃煮(ふりかけ)にして、

お粥にのせた一品。

じんわりと体にしみる

優しいおいしさです。

 

お茶の香りも残りつつ、

甘辛な味とも相性がいいのが

ちょっと意外ですよね。

 

ふりかけは、

茶殻を乾燥させてすりつぶし、

塩やごま、かつお節などを

混ぜてもOKです。

 

 

 

緑茶葉おにぎり

みじん切りにした茶殻の香り、

たくわんのコリコリ食感…

おにぎりがいつもとは

全く違う顔を見せます。

 

節約料理でありながら、

なんだか贅沢な味。

おかずがなくても

満足できるかも?!

 

 

 

茶殻のポン酢和え

ご飯の混ぜ込んだり、

ふりかけなどにすることが多い

茶殻料理ですが、

こちらは珍しいポン酢和え。

 

まるでおひたしのように、

茶殻自体をストレートに味わえます。

 

 

 

茶葉納豆

手間をかけずに茶殻を使うなら、

納豆に混ぜるのはいかがでしょう?

 

これなら、調理時間なしで

ささっと茶殻の栄養が摂れます。

お茶は、玉露がおすすめです。

 

 

 

茶殻のパウンドケーキ

パウンドケーキに

茶殻を混ぜるのもいいアイデア

 

栄養もあり、

さっぱりしたおいしさに。

日本茶にも合いそうなスイーツですね。

 

 

 

下駄箱、冷蔵庫、ペットなどの消臭に!

茶殻は、コーヒーカス同様

ニオイ消しの効果が期待大。

 

茶殻をよく乾燥させて小袋に入れ、

下駄箱や冷蔵庫などに

消臭剤代わりに入れます。

 

よく乾燥させないと

カビが生えますので要注意。

 

週に1回、取り替えます。

 

ペットの消臭には、

トイレの砂などに混ぜる方法もあるとか。

 

 

 

畳・フローリングなどの床掃除に

半渇きの茶殻を

床にまいてから

ほうきで掃除をすると、

すっきりきれいに。

 

茶殻が、ホコリやごみ、ニオイなどを

吸い取ってくれるんですって!

 

 

 

エコは、節約と同時に、

ものを大切にする暮らしを楽しむこと。

 

自然の恵みを

丸ごといただくだけでなく、

お掃除などに使ったり、

 

 

生活のさまざまなシーンで

捨てて無駄にすることなく

最大限に再利用したいですね!